『湘南台教室』のご感想①

生徒のがんばりをご紹介します!


~保護者アンケートより~

「クラスの子供達と少しずつですが交流出来ているようでした。本人のお話の中にクラスの子と話をしたことを何回か伝えてくれました。」

「もう前に出る(前に出て発表する)のは平気と言っていた」

「回を重ねるごとに、レッスンで少しずつ積極性が見られてきていると感じています!」

「(他の習い事で)新しい仲間に話しかけることができるようになった」

「初めは周りの様子をうかがっていたが、自分を出せるようになってきた」

「人前で話すことにだいぶ慣れてきたように感じる」


湘南台教室に来てくださるお子さんは、

・自分の気持ちを話すことが苦手
・考えを聞いても黙ってしまうことが多い
・自信を持って発表できない(前に出られない)

このようなお子さんが多いです。


体験では不安で心配顔のお子さんが、

通学を重ねるうちに自信をつけ、

自分の意見を堂々と言えるようになります。

高学年のグループディスカッション練習では、

どの子も自分の意見を言うことができます。


お子さんの成長する姿の眩しいこと…!


コミュニケーションは”スキル”です。


苦手意識が完全に根付く前に

スキルを学ぶか、学ばないか。

実際にトレーニングするか、しないか。

この差は大きいもの。


コミュニケーションの苦手意識が強固になってしまうと、

コミュニケーションをする機会も失われがち。

コミュニケーションをしようという意欲もなかなか湧かなくなります。


幼少期からお子さんの強みとして磨き、

学校等で積極的に機会を得られれば

それだけコミュニケーション力は磨かれていき、

一生使える武器となります。


「他の習い事では先生に懐かないのに先生には打ち解けてて不思議です。」

よく言っていただけるとても嬉しい言葉です。


自分の気持ちを言葉に出来ない子も

前に出て発表するのに震えるくらい緊張してしまう子も大丈夫。

スモールステップでその子に合わせた成長を促します。


コミュニケーションに悩んでいる方、

コミュニケーションを武器にしたい方、

ぜひ湘南台教室に遊びに来てくださいね。


ちょっとずつ自信をつけていく生徒に会えることが

毎月の喜びです😊