2021卒 採用活動

おはようございます。きよのです。


今日は就職活動のお話。



今年はコロナの影響で、オンライン化の波が就活にもぐぐっと押し寄せてきました。

多くの企業で面接がオンラインに。

中には内定まで全てオンライン面接というところも…!


大学含め、学校の授業もオンライン化が進んでいますね。


ネットが苦手という方

まだまだ多いと思うのですが、

自宅のネット環境整備が大事な時代ですね。




さて、私は採用支援をしています。

今年は10,000を超える大学生の自己PRに目を通しました。



はっきりいいます。



借り物の言葉をつかっている自己PRは記憶に残りません。

つまり、選考に通りません。



便利な時代で、

「自己PR」「エントリーシート」

と検索すれば

いくらでもお手本がでてきますね。


お手本を見るのはいいです。大事です。



ですが、

自分の経験を自分の言葉で語らず、

借り物の言葉のまま提出するのは…



残念ながらバレバレ。


まして「あなたの魅力」が全然伝わってきません。




勿体ない学生、たくさんいました。



勉強も部活も、

懸命に頑張っているだろうに、

何ひとつ伝わってこない。


頑張りのひとかけらも伝えられない学生。



なんと勿体ない。



面接もそうです。


目の前の相手と、

自分の言葉でコミュニケーションできない学生。



本当に勿体ない。

魅力はあるのに伝えられないなんて。



コミュニケーション「できない」、

じゃないですね。


ただただ、

経験が足りていないのです。



鍛えてさえいれば、

可能性がもっともっと広がったのに…。



悔しいくらい、勿体ない。




こんな「勿体ない学生」を減らしたくて、

私はことばキャンプのインストラクターを始めました。




オンライン化がすすみ、

地域コミュニティがますます希薄となって、

生身の人間と話すスキルを磨く機会がどんどん得づらくなっています。




ですが、

オンライン化が進んだ時代でも、

オンライン化が進んだ時代だからこそ、


自分の言葉を持つこと、磨くこと、

目の前の相手と言葉のやりとりができること、

すごく、すごく大事です。



人間関係構築でも、

仕事で成果をあげるためにも、

どこでも、いつでも役立ちます。



終身雇用の「会社が人を育てよう」の時代が終わり、

個人が自己のキャリアをマネジメントする時代となってきています。



言葉は、剣にも盾にもなる何よりの武器です。



ことばキャンプで言葉を一緒に磨きませんか?



これからの時代、ことばのチカラは必ず身を助ける力となりますよ。